仕事は相談の質で10倍上達する!できる人の気になる相談術公開

ゆっきー
どうも!Todoブログ編集部のゆってぃーです!
最近タイピングが早くなってきました。
タイピング練習は毎日やっています!笑

そんなことより仕事が今より上達するコツって何だと思いますか?

そのコツは、、、相談力です。

「相談することでしょ?そんなの知ってるよ」

と、思ったそこのあなた!

相談力とは、ただいっぱい相談するのとは違います。

相談の質を上げてより良いアドバイス・ヒントを得ることです。

相談の質を高めることによって、仕事効率はもちろん自分自身どんどん成長することができます。

「相談の質を高めるにはどうすればいいの?」

と気になりますよね?

大丈夫です!

今回はその相談力を高めるテクニックをご紹介します。

この記事を読んだあなたは明日から「あいつ変わったな」とみんなから思われるでしょう。

なぜ相談できないのか?

頑張り屋ほど相談できない

頑張り屋さんの特徴として

  • 1人でとことん頑張る
  • 責任感が強い
  • 他人に迷惑をかけたくない
など思っている人が多いです。

ゆっきー
頑張ることは決して悪いことではありませんが、分からない事を1から調べるよりも分かる人に相談することで効率はグンッと上がりますよ。

「恥ずかしい」という感情で相談できない

質問することに恥ずかしさを感じている人は

  • わからないのが恥ずかしい
  • 説明がうまくできない
  • そもそも話すのが苦手

と思っています。
ゆっきー
わからないのが恥ずかしい気持ちはわかりますが、「恥ずかしい」でずっと相談せず悩んでいるのはもったいないです。
誰でも最初は分からないことばかりです。
勇気を持って相談してみましょう。
1回相談することで心が楽になりますよ。

仕事に対して自信がある

仕事に自信がある人は

  • 相談しても何も得られない
  • 一人でも解決できる
  • 相談せずにやり遂げる人が優秀

など、自信があるからこそ相談せずに仕事をしたい人は多いです。
ゆっきー
仕事に自信があることは素晴らしいことです。
しかし、自信があるから相談しないのは違います。
相談することで新たな発見や方向性を見つけることができます。

できる人の相談術とは?

ここからどの様に相談すれば質の高い相談ができるか紹介します。

  • 1. 何を相談するか明確にする
  • 2. 相談のゴールを見極める
  • 3. 誰にどんな相談をするか決める
  • 4. 相談メモを用意する
  • 5. 最適な相談タイミングを考える
  • 6. 第一印象を良くしていい印象に

この手順で相談をすれば相談の質は上がります。

順を追って1つずつ説明します!

何を相談するか明確にする

まずは相談する内容を明確にしましょう。

明確にする方法として

  • 仕事に対しての悩み・解決したいこと
  • 不満や嫌なことの悩み・解決したいこと
  • 今の状態が続くと何が不安なのか

など、悩みや解決したい事を紙に書いてみましょう。

紙に書くことで考えがまとまるので自分でも気づかなかった悩みが出てきます。

相談のゴールを見極める

自分がどんな答えを求めているか考えてみましょう。

例えば

  • 答えが欲しい、アドバイスが欲しい
  • 考え方を知りたい
  • 答えは決まっているので後押ししてほしい
  • さらにいい環境を作りたい

などです。

最初から相手に「こんな答えが欲しい」と伝えることでほしい答えをすぐ見つけることができます。

誰にどんな相談をするか決める

誰に相談するかも重要な選択です。

全く分からない人に相談しても何も解決しません。

相談の内容は

  • 仕事の効率化
  • 仕事の生産性
  • 仕事の技術面

などいろいろあります。

仕事だけではなく

  • 人間関係
  • 生活習慣
  • お金のやりくり

など、相談の内容によって適切な人を選びましょう。

相談メモを用意する

相談メモを用意する理由は、相談の目的を見失わないためです。

  • 何を相談するか
  • 相談のゴール
  • 相談することで起こるメリット・デメリット
  • 誰に相談するか?
  • 実行する上での難しさ
  • その他、考えておくと良い点
  • 相手へのお願い事項

など、頭の中で覚えようとすると相談する目的などを見失う可能性があります。

なので、一覧にしてメモすることで目的を見失うことなく相談することができます。

最適な相談タイミングを考える

相談する内容がまとまったら次はタイミングです。

まずは、その相談がだいたいどのぐらいの時間で解決するか考えてみましょう。

短い相談なら空いた時間で相談できますが、時間がかかる相談などはタイミングが悪いと「今忙しいから」など冷たく返される可能性があります。

まずは相談したい日にちと時間、場所をしっかり確保することが重要です。

相談が終わったら、お礼の言葉を忘れずにしましょう。

あと、相談した内容と結果を報告することで、相手は気持ちよくまた相談にのってくれます。

第一印象を良くしていい印象に

第一印象も大事です。

態度もそうですが身だしなみも相手からすればとても気になります。

なのでまずは

  • 相手に好印象の格好
  • 身だしなみ
  • 相手に不快な思いをさせない
  • 失礼がないようにする

を心がけてみましょう!

次の一歩を踏み出すTodo

相談の方法を変えるだけで、もらえるヒントも答えも今までとは違うものになります。

大事なのは、意識してこの方法で相談をすることです。

意識して相談することで、習慣になり無意識でも相談できるようになります。

ぜひこの記事を参考に相談力を鍛えてください!

ぜひシェアお願いします!まじです。。。

侍エンジニア塾