仕事とプライベートを分ける分けないの話は的を得ていない

RYO
どうも!最近映画館で映画見る頻度が増えて週4ぐらいで見ているTodoブログ編集部のリョウです!

最近巷で働き方改革の話の流れとともに

『仕事とプライベートは分ける自体おかしいやろ』

とか聞いたりします。

そもそも論なんですが、分ける分けないという話自体が意味が分からない!

そういう話自体が的を得てないし、正直論点はそこじゃないわけなんですよ!

そこで今回は、仕事とは?というところからプライベートと分ける分けないの話をすることがどれだけ意味ないことかという視点で記事を書いていきます。

仕事とプライベートは分けるべき?

結論言うと、正直どっちでもいいし、好きにしなさい!!!

仕事とプライベートを分けたから、生産性が上がるとか、仕事とプライベートを分けずに考えたから仕事がうまくいったとか。。。

何を言ってんだ!って話ですよ!

分ける分けないでパフォーマンスが落ちた落ちてないの違いがあるなら、それは最初からサボっているだけです。

分けたからどうとか、分けなかったからできなかったとかは単なる言い訳でしかないので、注意しましょう。

仕事とプライベートという言葉自体おかしい

そもそも仕事とプライベートって言葉を使っていること自体、意識では仕事とそれ以外を分けていることになります。

それなのに、

『仕事とプライベートを分けることはおかしい』

とか矛盾でしかないので、言うのやめましょう。

『楽しめてない』は仕事をしていないのと同じ

『仕事とプライベートの境目をなくしましょう』

と論じている方は結構増えてきました。

その理由としては、仕事を楽しんで行うことで人生を楽しむためだとかいろいろ理由があるわけです。

仕事とプライベートの境目は意識して無くすものではありません。

そこを勘違いしているから

『仕事をプライベートと同じように扱わなきゃいけない!』

とか少しズレた方向に走り出してしまう。

そもそも仕事とは、

『楽しめていないのは、仕事をしていないのと同じ』

と言えるぐらいの意識がないといけなくて、そこが楽しめていないということはシンプルに仕事ができるようになっていないから楽しめないということなんです。

楽しめない仕事をいつまでも続けて、

仕事とプライベートを分けた方がいい。分けない方がいい。という話は改めて考えても的ハズレです。

仕事とプライベートの両立を考える前に仕事の適性と転職を考えよう

仕事が楽しめないのは大きく2つ理由があって、

  • 仕事ができるようになっていない
  • 仕事内容に不満がある

この2つが主かなと思います。

仕事ができるようになっていないという方は以下の記事を読んで、まずはPDCAを回す努力をしてみましょう。

PDCAサイクルとは?失敗例から学ぶ仕事の目標達成完全攻略ガイド

2018.04.08

そして、仕事内容に不満があるのは、シンプルに転職することをおすすめします。

今の時代、一つの企業に一生を捧げて仕事をすることがスタンダードな世の中ではないです。

サクッと転職して、自分に最適な仕事で楽しめるようになるなら、そこの行動は惜しむべきではないです。

転職サイトはマジでいくらでもあるので、検索しまくって自分が楽しめそうなものを決めてみるといいですよ!

また、先ほどお伝えしたように自分の適性も含めて仕事探しをした方が何倍も有意義なので、以下の記事も参考にして適性を探る努力を始めてみましょう!

自己分析がすごい!仕事の適性診断サイト厳選4+1選【活用法付き】

2018.03.18

次の一歩を踏み出すTodo

仕事とプライベートをどうするのか?と考えている人は難しく考えすぎています。

シンプルに考えましょう!!

仕事が楽しめないことは、

  • 仕事ができるようになっていない
  • 仕事が合ってない

この2つが主な原因です。

そこでまずは、『仕事が合っているかどうか』を自分自身でチェックする必要があります。

まずはそこをやってみましょう。

ぜひシェアお願いします!まじです。。。

CodeCamp