WebCampの評判・口コミを受講生&業界人がホンネの徹底評価

どうも!どうも!プログラミングスクール比較LABO編集部のヨウです!
WebCamp経験者&スクール業界人である僕が解説していきます!

プログラミングスクール比較LABOでは、良いところも悪いところも包み隠さず解説していくので、安心して読み進めてください!

前置きはこのへんで、早速WebCampの解説を始めていきましょう!

博士
正直なホンネで書いていくから、正直通いたくなくなるかもしれないんじゃが、ぜひ参考にして欲しいんじゃよ!

WebCampとは?

WebCampの一番の特徴は、通い放題のプログラミングスクールという点で、講師に質問したい方にはもってこいのスクールと言えます。通い放題だから使い倒すべし。

サービスは主に4つあり・・・

この4つです!

特徴的なのは、WebCamp WomanWebCamp Proです。他のスクールにはないので気になるところです。

ですが、今回はWebCampにどんな魅力があるのか、その根っこを徹底して分析していきます。

おおもとを知ることでWebCampのサービス傾向がわかるので、かなり参考になるようにホンネで解説していきますよ!

ラボくん
この記事が網羅していることを知るだけでWebCampは押さえられるね!

WebCampの7つの魅力とウラ情報

オーダメイドカリキュラムで自由度が高い

実はコースが決まっているものの、オーダーメイドでカリキュラムを自由にカスタマイズできます。

なので、自分で欲しいスキルを選択できるし、スキルセットも自由にカスタマイズできるというわけなんです。

とはいえ、ここには落とし穴があり、全てにおいてオーダーメイドというわけにはいきません。

あくまでも基本的なカリキュラムは通常通り受講者全員が受けなければいけないので、0からカスタマイズできるというわけではないようです。

そして、WebCampは、学べる言語も実は少なく、Webデザイン(HTML・CSS・JavaScript)、Webプログラミング(Ruby・Rails・SQL)と絞られているのが特徴です。

悪く聞こえたかもしれませんが、WebCampの場合はあえて言語が絞られているんです。

実際には、僕も最初はRubyを学んでWebサービスを作ったので、正直特にどの言語がやりたいというものがなければRubyを学ぶ形で十分汎用性がありますよ!

博士
もしWordPress対応のPHP言語やRuby言語以外がいいなぁと思う場合はCodeCamp侍エンジニア塾の方がおすすめできるよ!

−>> 侍エンジニア塾の評判・口コミを卒業生&業界人がホンネの徹底評価
−>> 実質0円も!?CodeCampの評判・口コミを業界人が徹底解説

スクールに通い放題+集中学習の良さ

最近、どのスクールもオンラインで受講できるスタイルが増えてきています。確かにどこでも学習できるオンラインは自分で柔軟に時間を決めて学習できるところが良さだったりしますよね。

ただ、プログラミングは挫折率9割とも言われているように、独学での習得が非常に難しいものになっています。

「オンラインで聞けた方がよくない?」って思うかもしれませんが、ぶっちゃけ対面で聞けた方がすぐ理解できるからめっちゃサクサク進むんですよ!

WebCampの場合、毎日11時~23時までスクールを開放しているので、そこに通っているスクール生と仲良くできるし、進めているカリキュラムを一緒に進めてお互いレベルアップしあったりできるのも魅力の一つです。

ラボくん
通学は正直厳しいって人はWebCamp Onlineがおすすめ!

価格がめちゃくちゃリーズナブル

とりあえずこれ見てください!

参考:WebCamp価格表

一般的にプログラミングスクールは30万~40万するところが多いです。それに比べてWebCampはかなり安い。

特に学割があるので、学生のうちからスキルを磨いて就職を優位に進めるのにもってこいのスクールと言っても過言ではない点が大きい特徴です。以外と学割やってるところって少ないんですよ。

さらに割引される制度も用意してあって、

参考:WebCamp価格表

紹介を受けた場合も友達と一緒にスクールに申し込んだ場合も10%OFFなので、学割+ご紹介割引or友達割引で最小価格の8万円で受講も可能になってしまう。バイトでなんとかなりそうな額まで落ちますよ!

博士
これからの需要を考えるとプログラミングを学んでおけば1ヶ月もかからないうちにペイできる価格じゃよ

1対1のバディ制度

バディってなんやねん。って思う方多いと思います。僕も最初思いました。。

WebCampのバディとは、学習の進捗管理、個人的な相談、進路についてなどのもろもろの話をサポートしてくれるパートナーです。つまり、何でも話せる先生みたいな感じ!

それも1人1人に担当のバディがついてくれるので、質問しやすい、アドバイス受けやすい。いいことづくめ。

実際にこのバディ制度は評判を良いようで、良いと思ったのは僕だけじゃないみたいですね。誰しもチャレンジする時には不安な部分が絶対あるので、こういうサポートはありがたいですよね。

ここは遠慮なく、バディをガシガシ使いましょう!

安心の全額返金補償制度

参考:WebCamp

全額返金補償って実際条件厳しそうですよね。条件は以下です!

参考:WebCamp

注目したいのが、”受講開始後8日間以内に、お申し出をいただいた方が対象になります”の部分です。

確かに、全額返金補償はあるけど8日間でやめるかどうかを決めなければいけないのは条件が少し厳しいのかな?と個人的には感じました。

とはいえ、特にやめる必要もなければ全然関係ないんですけどね!

サービスが自分に合うか合わないかを1週間ほどで決められるので、考え方によっては良心的なのかもしれないです。このあたりは個人差がありそう。

博士
お金問題はもめるとやっかいなので、返金を申し出る場合は、8日間と書いてあっても7日目までには申告しておくことをおすすめします!

キャリアサポートを卒業後でも受けられる

WebCampは紹介事業をやっているため、卒業後でも就職・転職・インターンの紹介はいつでも受けられます。いつでもです。

紹介事業の仕組みとして、受講生を企業に紹介するとWebCamp側に報酬が入る仕組みだからです。

ウラ話を聞くと、「なんかやだなぁ」と思うかもしれませんが、むしろこれは良いことなんです。

なぜかというと、こういう仕組みだからあなたの希望に沿った紹介が受けられます。WebCamp側も受講生であるあなたの就職を決めることでWinWinでHappyになれる仕組みだからです。

卒業したからと遠慮せずにむしろグイグイと希望の企業を引っ張ってきてもらいましょう!

博士
こういう仕組みだからこそ、遠慮せずいろいろとお願いができるというもんじゃよ!
この場合の遠慮は誰も幸せになれないんじゃよ。

質問・回答サポートが手厚い

スクールになんで通うかって、わからないところを質問するためといっても過言ではないですよね。

WebCampでは、そんな質問のサポートも充実しています。11時~22時と大きい範囲で質問ができるので、これは嬉しいです。僕は、授業でわからなかったところもまとめて聞いたりしてました。

【結論】WebCampの評判・口コミは正しいのか?

【1ヶ月で営業からエンジニアになった28歳】

ものづくりのデザインをしたくて、大学の時はプロダクトデザインを学んでいました。
勉強していくにつれ、ものづくりの現場を直接見てみたいと思い、卒業後は工場の中で検査をする3次元測定器を扱う会社で、セールス・カスタマーサポートなどの仕事をしていました。

いろんな工場を見ていく中で、どの工場も人が足らないという課題があり、自動化や効率化ができれば良いと考え、開発力をつけるためにWebCampを受講した後、現在のアプリ制作会社に転職しました。

1ヶ月で転職できると評判のWebCamp。

実際の評判や口コミはどうなの?という疑問はまだまだ拭えないような気もしてるのではないでしょうか?

自分も実際に受講する前に思いました。

「実際どうなん?」と。評判をいろいろ見たあげくに思いました。

受講者だった僕が、結論をいうと、未経験で1ヶ月で転職するにはかなり頑張らないといけない印象でした。おそらくどのスクールも短期間でやるとなるとそれなりに詰め込む必要がどうしても出てきます。

WebCampの場合は、1ヶ月みっちり毎日6時間/日くらいのペースで勉強すれば可能です。

ですが、逆に仕事あるから1日2時間くらいしか取れないということになると難しい。さすがにこれだとどのスクールでも難しい結果になっちゃうとは思います。

博士
また、フリーランスになりたいと思ってる場合はWebCampだとサポート不足なので、フリーランスに強い侍エンジニア塾がおすすめじゃよ

−>> 侍エンジニア塾の評判・口コミを卒業生&業界人がホンネの徹底評価

改めてWebCampのサービス価格表まとめ

WebCamp

WebCamp Pro

WebCamp Online

WebCamp Woman



この記事を読んだ方は

−>> 侍エンジニア塾の評判・口コミを卒業生&業界人がホンネの徹底評価
−>> 実質0円も!?CodeCampの評判・口コミを業界人が徹底解説

この記事も読んでます。

ぜひシェアお願いします!まじです。。。

侍エンジニア塾